Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
ローダウンの練習

 

誰しも、ストレートボウルよりも、カーブボウルでストライクのほうが、ピンの飛び方といい、メッセンジャーという格好いい10ピンが飛んでくれたりと、見た目がいいと思うんですよ。

だから、若いボウラーは、ローダウンといわれる回転をかけてのスタイルに走るのは、私も理解出来る。

プロ男子ボウラー、特に若い世代はローダウンが多い気がします。リスタイなどしているプロは、ビックジュンこと矢島純一プロ、でも軽めのリスタイしてますね。

リスタイしてない男子プロが全てローダウンではないんですよ。

 

私的には、練習ではリスタイ使って練習しても、試合ではノーリスタイ。

私の考えでは、初心者がボウリングをするにあたっては、リスタイ使用して、感覚を覚えることもありかなと・・。

リスタイって、自転車でいうところの補助輪みたいなものじゃないですか?

試合の時は、禁止、でも練習の時は、ノープロブレムで。

ローダウンだから成績上位になるわけではないです。

ピート・ウェバーは、クランカーだけどローダウンじゃないよね。

ロバート・スミスは、目の前で見たことあるけど、クランカー、ローダウン。

 

話がそれましたが、ボウルの回転によるピンのはじけ方は、確かなので、研究してみます。

posted by: ともぞう | 日記 | 01:04 | comments(0) | - | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:04 | - | - | - | - |